FC2ブログ

きっと ずっと・・・

2010.08.17.11:47

こんにちは 絵本「ちょっとだけ」の瀧村有子です。

暑いですね~~~~ほんと
暑い~~。。。。何回も言っちゃいけないくらいに・・あつあつ
                          4回言ってる


が、しかし こうやって
「あつあつ」なんて書いてる この場所はしっかり クーラーがついてるし
汗の一粒もかいていないのだから・・・
本日も まじめに?丁寧に^^ お届けしましょう~~


更新がまばらで ましてや 久々の更新では かもめ~~とか
流しそうめん~~なんて・・ねえ・・
いや それはそれで 丁寧に「かもめ~」と丁寧に「流し~~」の気持ちなんですが^^

やっぱり 絵本とか いっときますか??

・・・こんなはいりでは 本当はいけないくらい
じつは 本日の絵本は 私の心の中から 死ぬまでぬけだせない 絵本。
まじめに 丁寧に 心にしみこんでいく 大きなテーマです。


     からすたろう

      偕成社1979年  作者・八島太郎



 もちろん 今までも ご紹介してきた どの絵本も大切で
 長い間 心の中に住みついた 大好きなお話ばかりですが・・
 
 じつは この「からすたろう」は大人になってから・・というより
 つい 3年前くらいに出会って 離れて??・・・忘れられなくて
 何回も 図書館で借りてきた絵本なのです。
 図書館で 「あっ・・・」と見つけても 見てみぬふりをしたり
 さがしあてて 一度 腕に抱きしめて やっぱり本棚にもどしたり・・・
 私にとって 「からすたろう」は そんな 特別な存在なのです。


 内容を こちらに書くことが できないかも・・。
 ごめんなさい
 どう お伝えしたらいいのか わからないからです。
 ただ 主婦の私が午後に読んだなら 夕飯の買い物は行けなくなり
 が、夕飯も作る気になれず・・(ダメでしょ?!)お風呂が長くなり 布団に入っても眠れず
 次の朝、 朝日の素晴らしさに感動して泣けてくるような・・・そんな お話です。??

 ・・・説明でもなんでもないではないか・・。

 なんとか なんとか 伝えられないものか??がんばれ!作家だろー

 (文字にすることがとても難しく 決して下記の表現が正しいとはいえませんが・・)

 学校生活の中で 一人ぼっちになってしまう少年。5年もの間一人ぼっちだった。しかし6年生になった時
 少年の気持ちに むきあってくれる先生と出会う・・・。

 
 私は 内容を知っているので(だから それを もっと話して?!)
 いま こうしてキーを打つ間にも
 胸があつくなってくるのです。

   からすたろう3

                からすたろう2


 

   ただただ 声も出さずに 時間がすぎていく
   だれとも 目があうこともなく
   だれも 自分を 見ることがない
    
   ただ 朝がきて 昼におにぎりをたべて 晩がくる

   5年もの長い間 その間 自分のこころをみたしていたものは 

   山 空・・・からす

   



 人に目があるのは 見るため 見てもらうため

 人に耳があるのは 聞くため 聞いてもらうため

 人に声があるのは 心をしるため 心をしってもらうため


 目をみて 耳をすまして 声をききたい



 
 せつなくも 大切で 忘れたくないものを 思い出させてくれる1冊です。

 微力ながら 私は この絵本からもらった感情を 人につたえていきたいとおもっています。



              

勝手に 一人 胸があつくなり ごめんなさい すこし このまま・・
本日は このへんで・・・
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

瀧村有子

Author:瀧村有子
1968年生まれ
絵本作家 
千葉県在住
3児の母

最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
ご意見・ご質問などお気軽にどうぞ☆mail 瀧村有子にお手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR