FC2ブログ

またしても(*´∀)ノ

2020.11.26.17:10

こんにちは絵本「ちょっとだけ」の瀧村有子です。

今日は 少し お時間いただきますよ^^(いつもじゃないか・・・)

時々 どうしても これが見たくなる・・・・。
どうしても・・・^^             



   おおきな1
おおきな2
おおきな3
おおきな4
おおきな6
おおきな7
おおきな8
おおきな9
おおきな10
おおきな11
おおきな12

 「おおきなきがほしい」

 ぶん・さとうさとる  え・むらかみつとむ

 だいすきな絵本です。何度もページをめくってもどして めくってもどして・・・
 主人公のかおると一緒に 木に登っていく。

 きっとザラザラしているだろう木の感触も・・
 風も 葉のにおいも なんだかわかるような気がしてくるから不思議。

 この企画(?)前にもやってます^^;
 もっと完璧な方法があるだろうに・・・

 またしても 同じ方法で「おおきなき」を再現〜♪

 カーソルをツツツ〜〜〜ッと♪
 登ってもいいですよ!降りてもいいですよ!!!
 いやあ〜〜〜こんな夢のような木があったら いいですよねえ〜〜^^
 秘密基地ですよ〜〜〜^^? ?

むかーし 秘密基地で使おうと
家から本物のティーカップを持ち出して
母親に怒られたっけなぁ。。
夢見るだけじゃなく 本当にやっちゃうんですから。。しょうがない子供でした(^_^;)


主人公のかおるは
この大きな木に妹も招待するのです
そのシーンも最高(*´∀`)


好きな絵本はいっぱいありますが この絵本は3本の指に入ります。
。。。えーっと、他2冊なんだ??(^_^;)
えーっとえーっと。。
。。。決められない(笑)


では また〜


スポンサーサイト



どこまでも優しい

2020.11.21.21:26




こんにちは絵本「ちょっとだけ」の瀧村有子です。

本日の絵本は
「ちいさいモモちゃん」のルウのおうち

松谷みよ子.文
中谷千代子.絵

絵も文も大好きです。
しかし 結構文章が残酷だったりするんですよね(^_^;) そこがリアルでドキドキもするし 笑っちゃったりもします。

このお話もいつも遊んでいるくまのぬいぐるみのルウに ももちゃんが
「ぷっぷっぷっ、ルウなんていらないもん。おうちへかえりなさい。」なんていじわるを言うんです。
次のページ、ルウが部屋から出て行くシーン。
ドチッとして なんだか寂しそうな背中で「ルウはすこしないていたみたいでした。」とあります。
かなしい〜。°(°`ω´ °)°。

でも、結局ももちゃんはルウに会いたくなって探しまわって
「やあよう、やあよう。おうちへかえっちゃやあよう。」って泣くんです。
(「やあよう。」って生意気な感じが可愛いですね)
猫とかうさぎにもルウの居場所を聞くんだけど見つけられなくて探しまわった結果 森の中でどろんこになったルウを見つけました。

「ここだよう。」
ルウはどろんこになって
「ぼく、おうちがないから つくったの」ルウはうれしそうにいいました。

えー(T_T)なんか悲しい〜って思ったら次の一文。

「それでね、ももちゃんのいすもつくったよ。」
ですって〜(*´艸`*)
やさしいですねぇ~♪うっとりします。

じつは、ももちゃんも優しいんです。
探しに行く時パンを持って出て最後のページはルウが作ってくれた小さいイスに座って二人でパンをたべるんです。

あーよかった。(´v`)

大人になればなるほど こういう話は 心が浄化される(^_^;)

日頃の意地悪な自分の行いを(笑)
改めなくっちゃ!と反省。

ルウみたいにどこまでも優しくならなくっちゃ。
体型は真似してるけど(笑)


では、また〜

丁寧な言葉

2020.11.19.08:35



こんにちは絵本「ちょっとだけ」の瀧村有子です。

本日の絵本はこちら

「くんちゃんのはじめてのがっこう」
ドロシー.マリノ 作
まさき るりこ 訳

くんちゃんシリーズは他にもあります。

お話も 絵も 大ファンです。

沢山の色が使われているわけではない
絵と 生活の中での出来事を綴ったお話しですが とてもあたたかく 優しく 丁寧にえがかれているので 読み終わった後はゆったりホワホワと心が満たされます。

くんちゃんがはじめて学校に行った日のお話しです。
ドキドキワクワク楽しみで仕方がないくんちゃんは、お母さんと学校に向う道でミツバチやコウモリにも声をかけ「君も行く?」と誘ったりして(´v`)

でも、いざ学校につくと お母さんと離れなきゃいけなかったり(;>_<;)上級生の授業の様子を見て 急に自信が無くなってしまったくんちゃん(字も書けない、計算もできない)
そうして とうとう教室から飛び出してしまいました!

そんな時 担任の先生は新入生に対してその子の名前の最初の音。。「くんちゃん」だったら「く」の付く
知ってるものは何ですか?と聞くのです。
くんちゃんは他の新入生への質問を窓の外から聞いていて 「ぼくもしってる!」と答えます。
そして最後くんちゃんの番になると
くんちゃんはおもいっきり 背伸びをすると 窓の外から 叫びました。
「くま、くるみ、くまんばち」

あーよかった!
やったね!くんちゃん(´v`)

知っていること(覚えたこと)を精一杯表現して 認められて 自信が付いて 心にエネルギーがたまって また その次を知りたいと学ぶ。成長ってそういうことなのかなって。。。

なんだか めちゃくちゃ嬉しくなってしまってニヤニヤしていると 次のページがまた嬉しい…

先生はにっこりわらっていいました。
「はいってらっしゃい、くんちゃん。
このいすにおかけなさい。
あなたの すわるばしょは ここですよ。」

あぁ…こういうことなんだ

くんちゃんが外に飛び出したくなる気持ちがわかっているなら

「どうして外に出ちゃったの?」
なんて聞かなくていいんだ。

「はいってらっしゃい」
と 伝えられたら それでじゅうぶんなんだ。


とてもさらりと 短い言葉で表現しているけれど その中身は とても丁寧に相手の心に届けたいという想いが詰まっています。

こんなふうに伝えたい。

こんなふうに進みたいなぁ。。。




では また〜

ろば好き

2020.11.18.09:33



こんにちは絵本「ちょっとだけ」の瀧村有子です。


本日の絵本

「わたしのろば ベンジャミン」

ハンス.リマー[文]
レナート.オスベック[写真]
松岡享子[訳]

こぐま社




女の子スージーとロバのベンジャミン

どうです? たまらない二人。

女の子の可愛いさもさることながら
えぇ。。ろば好きなのでたまらないのです(笑)



「わたしたち ふたりが、どんなに なかよしかってことを これから おはなしします。」という言葉から
スタートします。

もう、写真をみればわかっちゃうんですけどね。。

大切な相手を こんなに大切なんですっていう
お披露目?好きです。

っていうか、 絵本「ちょっとだけ」も それなんですよね[御披露目]ククク(*´∀`)

手前に置いたろばのぬいぐるみ我が家の ロバ君 そういえば 名前をつけていなかった!
ベンジャミン?じゃ スージーにわるいか(^_^;)


じゃぁ…ジャーミンで。。何か違うな (≧▽≦)

ぜひ、スージーに会いに この本を見つけて下さい。

なんだか ほっとして 明日もきっといい日だろう〜!と思える本です


では、また〜


アンpart3

2020.11.09.21:55


こんにちは絵本「ちょっとだけ」の瀧村有子です。


とうとう8回シリーズの最終回
終わってしまったー。。
「アンという名の少女」
原作と。。。違いましたね〜(^_^;)
原作でマシューが亡くなる時とても悲しかったけど。。
でも、今回のテレビドラマの中でマシユーは亡くならない。
亡くならない変わりに衝撃の行動(ToT)
え、えぇ〜(゚Д゚;)そ、それはダメ!!
結構ショックだったなぁ。。

私が持っている 原作は赤い表紙が鮮やかな村岡花子さん訳の本です。

赤毛のアンは何冊も出ていますが
言葉選びもリズムも数ページ立ち読みして村岡さんのものがバシッとはまったので。。それにこの赤い表紙がどうしても買わずにはいられなかった(^_^;)←見た目重視

この本の中には グッと来る言葉がたくさんありますが

こんな一文があります。

「満足することの幸福をしみじみあじわった」

自分自身が満足すれば それが1番素敵なんですよね。

まわりの目ではなく
誰かの言葉ではなく

どれだけ 大切で
どれほど 嬉しいのか

自分の 心がしっかり うなずけたなら
それが自分にとっての幸福




うん うん うん(≧▽≦)
いっぱい うなずいてきたなあ
幸福だらけだ




ではまた!



プロフィール

瀧村有子

Author:瀧村有子
1968年生まれ
絵本作家 
千葉県在住
3児の母

最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
ご意見・ご質問などお気軽にどうぞ☆mail 瀧村有子にお手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR